記事の詳細

スポンサードリンク

水虫という皮膚病は、白癬菌という菌が原因になって起こります。

白癬菌はカビの一種で、
これが皮膚の角質層に寄生してしまい、様々な不快な症状を引き起こします。

多くの場合、症状が発生するのは足で、
全体の9割近くを占めると言われています。

ですが、稀に手や体に寄生して水虫の症状を引き起こすこともあります。

人から人に感染する皮膚病なので、感染しないための工夫と、
症状がある場合には人に感染させないための配慮が必要となります。

水虫の症状は、足の裏の皮、
かかとなどがカサカサ乾燥した感じになったり、
角質が厚くなったりするタイプが多くみられます。

また、悪化すると指の間などに赤くジュクジュクした症状を発症する場合もあり、
中には水疱を伴うものもあります。

水疱ができてしまった場合には、特に痒みを強います。

足裏の皮がめくれてくるのも、水虫の症状の大きな特徴です。

足の水虫は、時には爪にまで感染して症状を引き起こします。

この、爪に感染した水虫は、
「爪白癬」と呼ばれ、爪が白っぽくふやけたような状態になります。

爪白癬に感染した場合には、かなり頑固で、治療に時間がかかってしまいます。

このような水虫の原因菌となる白癬菌は、高温多湿の環境を好みます。

スポンサードリンク

そのため、靴を履いて蒸れやすい足に、多発してしまうのです。

 

 

また、周囲に水虫の人がいる場合、水虫の人の皮膚から剥がれた鱗屑を、
他の人が踏んでしまうことで白癬菌が付着して、感染する原因になります。

ただし、付着しただけで感染するわけではなく、
角質に傷などがあった場合に、そこから菌が入り込んでしまった場合に発症するのです。

 

水虫は、かかってしまうと塗り薬や飲み薬などで根気よく治療していかなければなりません。

効果の高い市販薬も多数販売されていますので、
そういったものを利用したり、皮膚科を受診して薬を処方してもらいましょう。

抗真菌成分で白癬菌を殺菌したり、
かゆみ止めの成分で掻き壊して悪化するのを防ぐのが、外用薬の役割です。

 

 

また、爪白癬などの頑固な症状には、
塗り薬だけでは対応しきれないので、皮膚科で内服薬を処方してもらいましょう。

より高い効果を発揮する内服薬であれば、
半年程度で爪白癬の症状が改善されます。

かかってしまうと、なかなか治らない水虫は、
普段の生活で予防していくことが何より重要です。

足を清潔に保ち、蒸れないように工夫することや、
菌が感染しにくい、傷などの無い健やかな足の状態を保つように努力することが大切です。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る