記事の詳細

スポンサードリンク

帯状疱疹というのは、子供の頃に感染した水痘、
つまり水疱瘡のウィルスが原因で起こる皮膚病です。

子供の頃の水痘は、一見治癒したように見えていても、
実は三叉神経や脊髄神経の中に、遺伝子の形で潜伏しているのです。

それが、体の免疫力が弱っている時に、再び活動を始めてしまい、
皮膚に炎症という症状を引き起こすのが帯状疱疹です。

 

 

帯状疱疹の主な症状は、体の左右どちらかに現れるのが特徴です。

片側だけに、水痘と同じような水疱ができ、痛みを伴います。

最初は発疹を伴わず、神経痛を思わせるような痛みが発生し、
数日経過すると、虫刺され状の赤い発疹ができはじめます。

その発疹が、時間の経過と共に水疱に変化していき、
化膿した状態の膿疱になり、最終的にカサブタとなって治癒します。

この発疹は、非常に深く、治癒した後でも消えない痕として残ってしまう場合もあります。

完全に治癒するまでには、3週間ほどかかると言われています。

基本的には体の片側に起こる症状ですが、
あまりにも体が弱っているときには、全身に発疹が現れる場合もあります。

スポンサードリンク

 

帯状疱疹の痛みの現れ方には個人差が大きく、
特に高齢者の場合には、痛みを強く感じると言われています。

中には、発疹が治癒した後でも、
数年にわたって「帯状疱疹後神経痛」という痛みが継続してしまう場合もあります。

 

帯状疱疹は、基本的には1回かかったらかかりにくくなる病気ではありますが、
患者のうちの約1%程度は、2回以上繰り返すことがあります。

そんな帯状疱疹に病気にかかってしまった場合には、
できるだけ早期に受診することが大切です。

まだ症状が軽い間は、ゾビラックス、バルトレックス、ファムシクロビルといった
抗ウィルス薬を内服することで治療します。

あまりにも症状がひどい場合には、
入院し、抗ウィルス薬を点滴静脈注射して治療します。

痛みの度合いによっては、ステロイド薬が用いることもあります。

できるだけ早期の段階で治療を開始することが、
その後の神経痛を防ぐことにも役立ちますので、
症状が軽いうちに受診するようにしましょう。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る