記事の詳細

スポンサードリンク

手湿疹は、洗浄剤などの刺激やアレルギーなどの原因によって起こる、
手のひら、指などに生じる皮膚の炎症のことです。

手の肌がカサカサと乾燥して、キメの粗さが目立つようになり、粉を吹いたりしてきます。

症状が進行すると、赤い斑点が見られるようになり、強い痒みを伴います。

痒みを我慢できずに掻き壊すことで、
さらに症状が悪化してしまう場合も多くあります。

それから、さらに症状が進行すると、指先などにヒビが入ってしまうこともあります。

痛みも伴うので、水を触るのが辛くなっってしまう症状です。

 

 

このような手湿疹は、特に水仕事の多い主婦に発症しやすく、
水に触れたり洗浄剤を使用したりすることで手の肌表面の皮脂が足りなくなり、
バリア機能が低下することによって起こります。

 

特に空気が乾燥する秋~冬にかけて悪化しやすい症状なので、
この季節は保湿ケアを十分に心がけることが必要です。

スポンサードリンク

また、お湯を使った洗浄などを行うと、
肌の皮脂が奪われやすく、症状が悪化しやすくなります。

手湿疹が現れてしまった場合の対策としては、
こまめにハンドクリームなどを塗ることで保湿を行うことと、
水や洗浄剤などに触れる機会をできるだけ減らすことです。

 

水を触らなければならない家事や仕事を行う場合には、
できるだけゴム手袋などを着用し、肌に直接触れないように注意しましょう。

 

それから、あまりにも痒みや炎症が強く、
自宅でのケアでは改善が見られない場合には、皮膚科を受診しましょう。

 

皮膚科での手湿疹の治療では、痒みに対するステロイドの外用薬を処方し、症状の悪化を防ぐ治療を行います。

より保湿力の高い保湿剤を処方する場合もあるので、
皮膚科で適切な治療を受けることは、とても有効です。

たかが手湿疹と、軽視してしまう方も多いですが、
手が痛んだり痒みが発生するのは、日常生活に多くの支障をきたします。

自分でできる対策と、医師の治療を組み合わせて、適切に対処しましょう。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る