記事の詳細

スポンサードリンク

乾皮症というのは、皮脂欠乏症とも呼ばれる皮膚の病気です。

皮脂や、セラミド等の角質の細胞間脂質、
天然の保湿因子の分泌が不足してしまうことによって引き起こされる症状で、
高齢者に多く発生します。

ですが、中には子供や若い世代で症状が起こる場合もあります。

 

 

乾皮症になると、肌表面を保護するバリア機能が十分に働かなくなってしまいます。

そのため、肌の表面から水分が蒸発して、
乾燥した状態になり、カサカサになったり、
粉を吹いたり、ひび割れ、痒み、痛みなどの症状が現れます。

また、乾皮症でバリア機能が低下している状態では、外的刺激に弱くなってしまいます。

そのため、細菌感染のリスクが高くなってしまったり、
軽い刺激でも痛みや痒みを感じたりしてしまうのです。

 

 

乾皮症の原因として挙げられるものの1つが、
アトピーなど、元々肌に何等かの病気を抱えていることです。

それから、石鹸などによる過剰な洗浄も、乾皮症を引き起こすことがあります。

スポンサードリンク

中には、紙のように皮膚に刺激を与えたり、
皮脂を吸収してしまう物をよく触ることで、
乾皮症になってしまう場合もあるので、紙によく触れる仕事をしている人は要注意です。

 

 

また、特に乾皮症は、冬場など空気が乾燥している時に起こりやすくなります。

このような環境による原因だけではなく、
乾皮症には、体の中からの原因が関係している場合もあります。

その1つが、加齢や食生活による皮脂等の分泌両の低下です。

アレルギー体質がある場合にも、乾皮症を引き起こすことがあります。

これらの乾皮症を防ぐためには、生活習慣を整え、
正しい食生活で健康を保つと共に、皮膚の過剰な洗浄を避け、
空気が乾燥しないように加湿器などを上手に利用することが有効です。

それでも防ぎ切れない乾皮症の症状には、
医療機関で保湿剤などを処方してもらいましょう。

 

 

また、痒みを伴ったり炎症を引き起こしている場合には、
ステロイドの外用薬や、かゆみ止めの内服薬を処方される場合もあります。

肌のバリア機能を回復させる努力をしながら、
適切に痒みや痛みといった症状に対処していくことが、
乾皮症の治療で大切なポイントなのです。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る