記事の詳細

スポンサードリンク

日光皮膚炎といわれる皮膚症状には、2つの種類があります。

1つは、長時間紫外線にさらされた場合などに、誰もが経験する「日焼け」といわれる症状で、
肌が赤くなったり、茶色くなったりしてしまいます。

 

そしてもう1つは、紫外線による刺激が原因で
皮膚に炎症を起こしてしまう「光線過敏症」という症状です。

「日焼け」というと軽い症状に感じられてしまいますが、
日焼けは、簡単に言えば日光で肌が軽い火傷を負ってしまった状態です。

あまりにも症状がひどくなると、
発熱などの症状が現れることもあるので、注意が必要です。

 

また、「光線過敏症」といわれる症状はには、
2つの原因が考えられます。

1つは、何かの薬を服用している際に、日光に当たると、
その部分だけ発疹ができてしまうという症状で、
これは外因的な原因によります。

血圧を下げる薬や、化膿止め、痛み止め、
熱さましなどの薬を服用している際に起こることがある症状です。

 

また、もう1つは、内因性の原因によるもので、
日光に当たる機会の少ない人が、
紫外線にさらされた際に発疹が出てしまう症状です。

スポンサードリンク

これは、多形日光疹と呼ばれます。

内因性の原因で起こりうる日光皮膚炎には、もう1つの種類があります。

それが、慢性光線性皮膚炎というもので、日光が当たると、
慢性的に痒みのある発疹が発生してしまう症状です。

日光が当たらなくなれば、症状が数時間のうちに改善されるのが特徴です。

 

 

これらの日光皮膚炎の症状を治療するためには、
それぞれの症状別に様々な治療法が施されます。

 

比較的多くの人が経験する日光皮膚炎の一種、
日焼けの場合には、冷やしたり保湿したりすることが、基本的な治療となります。

 

 

また、光線過敏症の場合には、
抗アレルギー薬やステロイド薬、免疫抑制薬などを用いて治療を行います。

 

日光皮膚炎は、症状に対する治療法はありますが、根本的な治療はありません。

できるだけ有害な紫外線をブロックするように、
サンスクリーン剤を使用したり、日光に当たらないよう工夫して予防することが重要です。

 

 

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る