記事の詳細

スポンサードリンク

金属製のアクセサリーなどを身に付けた際に現れることで、
よく名前が知られている金属アレルギーという皮膚症状。

この金属アレルギーは、意外なことに、実は金属が直接のアレルゲンとなっているワケではないのです。

そもそも、アレルギーという症状を引き起こす原因、アレルゲンは、タンパク質です。
金属はタンパク質ではありません。

 

金属アレルギーが起こる原因は、金属の金属イオンが溶け出すことで、
人のタンパク質と結びついて、アレルギーの原因であるタンパク質を作り出してしまうことにあるのです。

金属アレルギーの症状は、金属が触れた部分の皮膚に
痒みや赤みといった症状を引き起こす場合が多くあります。

 

中には、歯の治療の際に金属を使用した場合など、
粘膜部分にまで炎症を起こすことがあります。

 

 

また、金属の成分が肌から侵入して血液を介し、
全身に湿疹や痒みといったアレルギー症状を発症してしまうこともあります。

 

このようなアレルギー症状を発症しやすいのは、
ニッケルやコバルト、クロムといった素材の金属です。

これらはアクセサリーなどにもよく用いられているため、
アレルギーの疑いがある場合には、素材をよく確認して購入することが大切です。

スポンサードリンク

 

比較的アレルギーを起こしにくいのは、溶けにくい金属である金です。

ただし、金でできたアクセサリーは100%アレルギーが起こらないというわけではありませんので、注意しましょう。

金属アレルギーを発症してしまったら、
そのアレルギー症状とは一生付き合っていかなければなりません。

 

 

対策として、アクセサリーを身に付けた際に赤くなったり、
痒みや発疹が出てしまった場合には、すぐに使用を中止しましょう。

 

それから、医療機関で受けられるパッチテストで、
自分の肌にアレルギーを引き起こす金属の種類を特定して、
それを除外することも有効です。

 

 

また、金属アレルギーの発症は、ピアスが原因になることが多いのが特徴です。

 

初めてピアスの穴を開ける際には、
医療機関等を利用して適切な方法で行い、清潔を保つように心がけましょう。

軽視されがちな金属アレルギーという症状ですが、
好きなファッションを楽しめなくなったり、不快な症状が現れたりと、なかなか辛いものです。

アレルギーに詳しい医師の診察を受けて、
正しく対処し、上手に付き合っていくことが大切です。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る