記事の詳細

スポンサードリンク

乾癬というのは、皮膚表面に起こる慢性的な皮膚病で、
人に感染することはありません。

 

主な症状は、皮膚に赤い発疹ができ、
その発疹の上に皮屑と言われる角質細胞が剥がれ落ちた白いものが出てきます。

患部は少し盛り上がった状態になり、赤みを持ち、ハム様皮疹と呼ばれることもあります。

 

乾癬が起こりやすいのは、外的刺激の影響を受けやすい部分です。

 

頭皮やヒザ、ヒジなどの部分には特に多く見られるのですが、
ほぼ、全身どこにでも発生すると言っても過言ではない皮膚病です。

 

中には、爪に乾癬が発症する場合があり、これは爪乾癬と呼ばれます。

症状は、爪が凸凹になったり荒れたりして変形してしまう、という深刻なものです。

乾癬の症状は、見た目には強い発疹などがあり、
大変な皮膚病に見えますが、実は痒みが少ない場合も多いのです。

ただし、その症状の現れ方や痒みの感じ方には個人差が大きいと言われています。
この乾癬の原因となるのは、主に遺伝的要素だと言われています。
そのため、白色人種に患者が多いのが特徴です。

スポンサードリンク

 

 

また、ストレスや気候の変化、食生活などで悪化するとも言われており、
遺伝による体質にこれらの要因が加わって発症する場合も多いです。

命に係わる病気ではなく、人に感染しないという点でも安心ですが、
見た目の問題で悩みを抱える人が多いのも事実です。

 

乾癬には様々な治療法が確立されており、
ステロイド薬などの塗り薬で対処する方法や、
光線療法、内服薬を用いる方法、注射による治療法などもあります。

 

ただし、どの方法にも副作用などのリスクもありますので、
慎重に治療を受けることが大切です。

医師の診察をしっかり受け、症状に合った治療法を見つけて、
上手に付き合っていくことが大切ですね。

 

 

また、生活習慣の改善も、乾癬の症状の緩和に役立つと言われています。

欧米のような食生活は、乾癬の悪化を招くと言われており、
昔ながらの日本食を心がけるのが理想です。

食生活や睡眠時間などを見直すところから、治療を開始していきましょう。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る