記事の詳細

スポンサードリンク

乳幼児に起こりやすい皮膚病の1つである、とびひ。

このとびひは、「伝染性膿痂疹」という皮膚病のことを指します。

その名前が示す通り、人から人へと伝染してしまう病気で、
感染力が非常に強いのが特徴です。

まるで周囲に飛び火するような勢いで感染していくために、
「とびひ」と呼ばれるようになったと言われています。

とびひは、主に夏場に流行し、0~6歳児に多く見られます。

原因となるのは、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌という菌です。
特にプールや入浴などで、水を介して感染することが多いですね。
虫刺されや、ちょっとしたキズがあった場合に、
その傷口から侵入して皮膚の浅い部分に炎症を起こしてしまいます。

 

症状は、最初は小さな水疱から始まります。
傷のある部分に水疱ができはじめ、その水疱の中の液体が、
だんだんと濁ったような状態に変化し、それが破れる・・・という段階で進行していきます。

 

破れた水疱には、すぐにカサブタができ、痒みが発生します。
掻き壊すことで、周囲にもどんどん感染して広がっていってしまいます。

スポンサードリンク

 

 

このようなとびひの症状が現れた場合には、
感染が広がる前に、早急に対処することが大切です。

 

症状が軽い段階では、抗菌薬入りの塗り薬が処方され、
清潔にした皮膚にこれを塗るだけでも効果が期待できます。

 

ただし、あっという間に症状が広がっていくとびひは、
この塗り薬だけでは追いつかない場合がほとんどです。

そのような場合には、抗菌薬の飲み薬も併用することで治療します。

あまりにもひどい痒みや炎症を伴う場合には、
ステロイド薬や抗ヒスタミン剤で対処することもあります。

 

自宅でのケアでは、シャワーなどで患部を清潔に保つことを心がけます。

入浴やプールは、他の人に感染させてしまう可能性が高くなるので、
控えるようにしたいですね。

 

よくある皮膚病、と軽視してしまいがちですが、
放置すると、どうしようもないほど広がってしまうとびひ。

色素沈着が残ってしまったりすることのないように、
できるだけ早い段階で治療を受けるようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る