記事の詳細

スポンサードリンク

女性のびまん性脱毛症は、女性にとって命のように大切な髪が、
全体的に細く薄くなってしまう辛い症状です。

 

そんな女性のびまん性脱毛症には、女性だけが口にする薬、
ピルが関係している場合もあるのです。

 

薄毛や抜け毛といった症状には、様々な原因がありますが、
特にホルモンのバランスが関係していることが多くありますよね。

 

経口避妊薬であるピルには、そんな女性ホルモンの働きを操作する働きがあるのです。

 

女性ホルモンのうちの1つ、黄体ホルモンのプロゲステロンというホルモンを配合しているのが、ピルという薬です。

 

そんなピルを飲むことで、妊娠したような状態を体に作りだして、
排卵を抑え、避妊が可能になります。

ですが、一見画期的な薬であるピルの副作用の1つとして、
女性のびまん性脱毛症が発症しやすくなってしまったりするのです。

 

 

この、ピルによる女性のびまん性脱毛症が起こりうるのは、
主にピルの服用を中止した際です。

 

 

ピルの服用中には、女性ホルモンが多くなるために、逆に毛髪が成長しやすい状態になり、
髪がふさふさになったと感じる方も多いものです。

スポンサードリンク

でも、何らかの理由でピルの服用を中止すると、ホルモンバランスが一気に崩れ、
それによって抜け毛が発生し、女性のびまん性脱毛症を発症してしまうことがあります。

 

 

これは年齢などには関係なく、ピルを服用すれば誰もが起こりうる症状なので、注意が必要ですね。

 

一時的なものなので、きちんと栄養を摂り、健康的な生活を送ることで徐々に回復していきます。

 

ですが、このような副作用に対する知識が全く無いと、
突然の抜け毛に驚き、それがストレスとなって、びまん性脱毛症を進行させてしまいかねません。

 

ピルのような薬を服用する際には、しっかりとした知識を持って臨むことが大切です。

医師からも、副作用についてきちんと説明を受けておきましょう。

 

もちろん、用法や用量を守って、きちんと医師の指示に従った服用を行うことも重要です。

 

ピルの服用による抜け毛の起こり方には、
個人差がありますが、あまりにも症状がひどい場合には、医師に相談してみましょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る