とびひ

  • とびひの症状と治療法

    とびひというのは、0~6歳の小さな子供に比較的多くみられる皮膚病の1つです。伝染性膿痂疹とも呼ばれ、その名の通り、人から人へと伝染します。 とびひの原因となっているのは黄色ブドウ球菌や連鎖球菌と呼ばれる菌で、これが虫刺されやキズなどから感染することで発症しま…

  • とびひの症状と原因、治療法

    乳幼児に起こりやすい皮膚病の1つである、とびひ。 このとびひは、「伝染性膿痂疹」という皮膚病のことを指します。 その名前が示す通り、人から人へと伝染してしまう病気で、感染力が非常に強いのが特徴です。 まるで周囲に飛び火するような勢いで感染していくために、「とびひ」と呼ば…

ページ上部へ戻る