2014年 3月

  • あせもの症状と対策

    あせもとは、特に小さな子供に多くみられる皮膚の病気の1つです。子供は小さい体に汗腺が集中しているため、あせもを発症しやすいのです。 大人のあせもの場合は、スキンケアには注意が必要です。小さな赤いブツブツが無数にでき、ひどい痒みを伴うため、掻き壊して化膿し、症状を悪化させてし…

  • 毛嚢炎の症状と治療

    ニキビなどとよく似た症状の皮膚病に、毛嚢炎というものがあります。毛嚢炎の症状は、赤い発疹で、中央部に膿がある丘疹ができるものです。 痛みや痒みをほとんど伴わないので、ニキビやおできといった症状とよく似ており、専門知識がないと見分けるのが難しいです。時々、芯を…

  • ウオノメとタコの症状・治療法

    ウオノメとタコは、非常によく似た症状です。そのため、呼び名が違うだけで同じ皮膚病だと考えている方も少なくありません。ですが、実はウオノメとタコの症状には、違いがあるのです。 タコの症状の特徴は、痛みをほとんど伴わず、触れてもあまり感覚がありません。タコができ…

  • ほくろの症状と治療法

    ほくろというのは、体の皮膚のどの部分にも発症する、黒色の色素斑のことを指し、その多くは健康上、特に問題の無いものです。一般的にほくろと呼ばれるのは、点状の小さなもののことで、これが大きくなると、黒あざなどと呼ばれることがあります。 ほくろと呼ばれる大きさは、…

ページ上部へ戻る