記事の詳細

スポンサードリンク

鼻の下が真っ赤にかぶれたことはありませんか。

鼻の下のかぶれの原因のひとつは、花粉症・風邪・インフルエンザ・鼻炎などが原因で、鼻水が出て ティッシュで頻繁に鼻をかんでいたり、ティッシュで鼻水をふき取ったりしていると、気がつくと鼻の下が真っ赤にかぶれてしまってるとなっていることがあります。

 

この場合、ティッシュで頻繁に鼻の下の皮膚をこすることが原因で鼻の下が接触性皮膚炎になり、かぶれてしまうことや、鼻水自体がかぶれの原因になることもあります。 風邪の時の鼻水の中には白血球の死骸があり、その中に「蛋白分解酵素」があるので、鼻の下の皮膚を溶かしてしまい、鼻の下がかぶれてヒリヒリする原因にもなっています。

 

鼻水での鼻の下のかぶれを予防するためには、かんで捨てるだけですが、できるなら、キメの細かい保湿されているティッシュを使用して鼻をかんだり、 水に濡らしたガーゼなどで鼻水をぬぐった後に、やさしく鼻の下をふき取り、白色ワセリンなどで保湿をすると鼻の下のかぶれの予防になります。

 

赤ちゃんの場合に多いですが、よだれでかぶれることもあります。

スポンサードリンク

 

舌で鼻の下をなめてしまうことがあり、よだれがついたままにしておくと、鼻の下がかぶれてしまうことになります。

よだれでの鼻の下のかぶれを予防するにも、鼻水でのかぶれ予防と同じく、水やぬるま湯で濡らして絞ったガーゼなどでやさしくふき取ることが一番です。 また、保湿ケアも忘れずに。

 

 

その他にも多いのが口唇ヘルペスで鼻の下がかぶれてしまうことです。

口唇ヘルペスは唇の周囲や鼻の下、目の縁などが、赤くなったり水ぶくれができたりしてかぶれます。

ヘルペスの菌はしつこいので、風邪が治ったり、体調が良くなったりしても、金だけは残り、また体調を崩したときなどに繰り返しかぶれたりすます。 他にも鼻の下のかぶれの原因としては、アトピー性皮膚炎で鼻の下がかぶれてしまうことや 乾燥して鼻の下がかぶれてしまうこともあります。

他にも顔ぞりをしていてカミソリまけしてしまったり、アレルギーが発症したり、肌に合わない化粧品を使用していたりすることもあります。

最近、化粧品を変えたか、なにかアレルギーがあるものを使用したか、乾燥していないかなどチェックしてみると良いと思います。

また、ひつこい鼻の下のかぶれには、皮膚科受診をおススメします。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る