記事の詳細

スポンサードリンク

ナプキンかぶれで困っている女性が増えています。 女性は一生のうちに約1万個のナプキンを使うといわれています。

昔に比べて吸収率やムレ対策に力をいれているせいか、かなり改善されとても使い心地の良いナプキンがふて、種類も豊富になしました。 しかし、月経のたびにナプキンかぶれに悩まされている女性がまだ多くいることも事実です。 ナプキンかぶれが起こる場所は外陰部ですが、そこの皮膚は隠そうが薄くて外部からの異物が浸透しやすい環境になっています。

 

生活の中での動作に伴う摩擦や圧迫などの刺激を一番受けやすい場所でもあります。

このように外陰部はとてもデリケートなので、下着・ナプキンなどの素材・洗剤の残り・汗やおりもの・月経の際の経血などの刺激によってかぶれを引き起こしやすい場所でもあります。 ナプキンを使用している時の高湿度の環境と先に書いたような物質的刺激でナプキンかぶれが起きる要因のひとつです。

 

 

今のナプキンは以前に比べ“薄い”“もれない”など性能的に良くなりましたが、もれないからといって、長時間つけっぱなしにしている人もいます。

スポンサードリンク

 

確かに、コマメにナプキンを交換しないですむのは便利ですが、長時間経血をたっぷりすったナプキンは、通気がいっそう低下し、下着の中の高湿度となり、雑菌が繁殖します。 女性は月経中は特に体全体が過敏な状態になっているので、そのようなナプキンの刺激をう受けやすくなっています。

 

それとともに経血が伴っているので、余計に肌を刺激してしまい、ナプキンかぶれを起こしやすくなっています。

 

ナプキンかぶれ対策としては、出血量が少なくても長時間のナプキンのつけっぱなしはしないことが第一です。

使用するナプキンは自分にあった肌に優しいものを選びましょう。

ナプキンかぶれがおきた部分は肌がとても敏感になっているので、ボディソープや入浴剤は刺激の少ないタイプをおススメします。

 

他にも膣内を洗浄する目的で作られているビデですが、ビデで汚れを洗い流すのも肌がスッキリします。

また、ナプキンかぶれにより病院へ行く場合は、場所だけに女医さんのいる皮膚科をおススメします。

ない場合は婦人科でも大丈夫です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る