記事の詳細

スポンサードリンク

ウルシかぶれは「アレルギー性接触皮膚炎」と言われる皮膚炎です。

 

漆が肌の毛穴についた時に皮膚のたんぱく質とウルシオール(漆の主成分)が反応して起こるアレルギー反応によるかぶれです。

漆はかぶれるということが広く知られていますが、正しくは乾いていない漆はかぶれますが、乾いたウルシはかぶれません。

まれにウルシかぶれが漆器でも起こると間違えて覚えてしまっている人もいますが、それは誤解です。

しかし、ウルシかぶれは乾いていなしウルシ(ウルシの樹液)に触るとほとんどの人がかれます。

乾いているウルシに触ってもうるしかぶれが起きたという場合は、
表面は乾いていたかもしれませんが、乾ききっていなかった場合があるので、注意しましょう。

 

元々肌が弱い人やアトピーなどのアレルギー体質の人やそのどれにも当てはまらなくても、
体調が良くないとき、疲れて体力が低下している場合は注意が必要です。

 

うるしかぶれの症状は、うるしに触ったからといってすぐに出るものよりも、1~2日経ってからうるしかぶれの症状が出ることが多いです。

スポンサードリンク

個人によって差はありますが、中にはウルシに直接触った記憶がなく、
うるしの木下を通っただけで顔が赤くなり、かゆくなったなどの漆かぶれを起こしてしまう人もいます。

 

うるしかぶれは軽い場合は軽い発疹が出る程度ですが、
ウルシかぶれの症状が重い場合は、発疹・赤み以外に腫れを伴います。

また、いずれも強いかゆみを伴うことが多いです。

 

だいたい2週間程度でおさまりますが、
漆かぶれが酷くなったり、かぶれの範囲を広げないためにも、漆かぶれに気がついたら、
かゆみでつらいかもしれませんが、かかないようにしましょう。

 

一度ウルシにかぶれると、漆かぶれを起こした以前よるもかぶれやすくなる傾向があるので、
一度ウルシかぶれをおこした人は注意がより必要になります。

また、漆かぶれが2週間ぐらいでおさまるからといって、
自宅で我慢しているよりも、 早めに皮膚科を受診してウルシかぶれの症状に合った薬を処方してもらったほうが、安全で効果的です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る