記事の詳細

スポンサードリンク

手あれ(主婦湿疹)というのは、主に水仕事を多く行う主婦の手に見られる、
手のバリア機能が低下することで炎症を起こす症状のことです。
本来手の表面は、適度な皮脂で覆われ、
水分などの必要な成分が蒸発しないようになっています。

 

ですが、度重なる水仕事や洗剤の使用により、皮脂が過剰に落とされ、
水分が蒸発して、激しく乾燥したような状態になってしまいます。

 

手のカサカサ感から始まり、痒みを伴う水疱状の湿疹が出たり、
ひどくなればパックリと割れてしまうという症状が特徴です。

 

どの症状も、痛みや痒みといった辛い感覚を伴うので、主婦にとっては辛いですよね。

 

特に冬場など空気が乾燥する季節には悪化しやすくなります。
経度の手あれ(主婦湿疹)の場合には、保湿力の高い、
適度に油分を含んだハンドクリームなどをこまめに塗ることで治療します。

 

あまりにも手あれ(主婦湿疹)の症状が悪化し、
痒みや痛みが激しい場合には、ステロイド薬を用いて治療する場合もあります。
たかが手あれ(主婦湿疹)と軽視してしまいがちですが、
主婦にとって水仕事は、「手が痛いから」なんて理由では辞められないものです。
放置すると、どんどん症状を悪化させてしまうことになるのです。

スポンサードリンク

 

パックリと割れる症状が現れたり、水疱を掻きむしるようなことを続けていると、
暖かい季節が来て症状が治まったとしても、痕が残ってしまうこともあります。

 

痛みや痒みがひどい場合には、きちんと医療機関を受診して、真剣に治療するようにしましょう。
また、手あれ(主婦湿疹)は、日常生活で気を付けて、予防することも重要です。

 

例えば、水仕事をする際には、必ず清潔なゴム手袋やナイロン手袋を利用して、
直接水に触れないことや、肌に優しい洗剤を用いることなどが大切ですね。
水を使った後には、必ず保湿ケア、というのを習慣付けることでも、手あれ(主婦湿疹)を防ぐことができます。

 

 

また、部屋の湿度を快適な湿度に保つことでも予防が可能ですので、
このような点に気を付けて、手の皮膚が持つバリア機能を破壊しないようにし、
辛い症状になる前に予防しましょう。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る