記事の詳細

スポンサードリンク

巻き爪とは、主に足の指の爪に起こる症状です。
特に親指の爪に起こりやすい症状で、
爪の端が皮膚に食い込んで、炎症になって、激しい痛みを伴います。
悪化すれば、出血したり化膿してしまう場合もあります。

 

細菌感染により激しい炎症を引き起こすと、
痛さのあまり歩くことすら困難になる場合もあるので、早めの対処が必要です。

 

さらに、放置することで、巻き爪の痛みをかばって歩き方がおかしくなり、
足首、腰にまで悪影響を及ぼしてしまうことがあります。

最初は爪周囲の皮膚が赤くなって腫れや痛みを伴うようになり、
徐々に爪が皮膚に食い込んで膿が溜まり、
さらに爪による刺激のために悪化して、赤い肉が盛り上がるような状態になってしまいます。

赤い肉が盛り上がった肉芽期といわれる症状になると、
痛みが激しく、治療にも時間がかかりますので、
軽症のうちに受診して治療することが大切です。

 



 

スポンサードリンク

巻き爪の原因には、様々なことが考えられます。
まず1つ目に、体質によるもの。

 

そして、2つ目が靴によって圧迫することです。
足のサイズに合わない靴を履き続けることで、
足の爪の形が変形し、湾曲して巻き爪の症状を発症するのです。

 

また、過度に爪を切りすぎることも、巻き爪の原因になるので注意しましょう。
巻き爪の治療法では、手術による方法や、
人工爪を使用する方法、ワイヤーやプレートで矯正する方法などがあります。

 

自分に合った治療法を、医師とよく相談しながら選択しましょう。
すぐにでも症状を改善したいという場合には、手術による方法が有効ですが、
時間をかけてゆっくりと治療していこうと考えるのであれば、矯正治療がオススメです。
手術よりも体への負担が少なく、痛みも少ないというのが、
矯正治療の大きなメリットです。
巻き爪は、症状が起こってしまうと辛く、治療も大変なものです。
過度に爪を切りすぎない、サイズの合った靴を選ぶなどの対策で、
巻き爪を引き起こさないように注意することが何より大切です。

 

 

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る