記事の詳細

スポンサードリンク

化粧品を使っていて起こるかぶれのことを『化粧品かぶれ』といいます。

化粧品かぶれは、1年中いつでもかぶれが起こる可能性がありますが、肌が乾燥する秋から冬・春にかけて化粧品かぶれを起こす人が多くなります。

これは、乾燥していて、肌のバリアが弱くなっていることが原因で化粧品かぶれなど肌トラブルが多くなります。

化粧品かぶれは2つのタイプに分かれます。

1、化粧品の成分が直接関係する刺激性皮膚炎 化粧品に含まれている成分が肌に刺激をあたえ、肌が赤くなってかぶれたり、かゆみが出たり、にきびになる、皮がむけるなどの症状です。

この場合、かぶれを起こすまでの期間は個人差があります。生理前後・妊娠・更年期などでホルモンバランスが崩れている場合や、体調不良のとき、 肌が乾燥して肌バリアが弱くなっている季節(秋から冬)に化粧品かぶれを引き起こしやすくなっています。

慢性化すると、皮膚か硬くなり、かゆみも強くなるので、皮膚科へ相談することをおススメします。

 

2、アレルギー性接触皮膚炎 アレルギーによる化粧品かぶれは季節を問わず1年中いつでも起こりえます。

スポンサードリンク

また、顔だけでなく、体のとこに塗ってもかぶれの症状がでます。

ナチュラル成分のみの化粧品だからといっても安心はできません。

化粧品に含まれるナチュラル成分の中でも、アレルゲンが入っていることがあります。

 

例えば、マリーゴールド・カモミール(カツミレ)・ヨモギ他です。

突然、化粧をしていて顔がほてったり、赤くなってかぶれが出たり、かゆみが出た場合は早めに皮膚科の受診をしましょう。

 

 

化粧品かぶれを防ぐには、化粧品の成分にアレルギー成分がないかチェックをして、初めて使う化粧品はひじの内側や二の腕の内側など目立たないやわらかい場所に2cm程度を目安にして1日2回塗るパッチテスト3日継続してみてください。

赤くなったり化粧品でかぶれてないことを確認して使うと安心です。

しかし、化粧品のかぶれのパッチテストをして異常がなかった場合でも、数日後とか、数ヵ月後、あるいは数年後に化粧品かぶれを起こすこともあります。

化粧品かぶれが起きたら、すぐに使うのをやめて皮膚科を受診しましょう。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る