記事の詳細

スポンサードリンク

ベビーオイルの使い方として、

  1. 保湿ケア
  2. 髪の毛をしっとりさせる
  3. おむつかぶれのケア
  4. クレンジング

などなどが知られていると思います。

そして、ベビーオイルを使って効果がある方も多いです。

 

しかし、ベビーオイルは「ベビー」と名前についていることと、 赤ちゃんに使うオイルという事で、『肌の弱い人』でも安心して使えると考えている方も多いのですが、 ベビーオイルを使ってかぶれてしまった方も少なくありません。

 

元々ベビーオイルは赤ちゃん用に作られたものなので、大人が使うと肌がかぶれてしまう原因になってしまうこともあります。

 

クレンジングや保湿ケアに使っていて、早い人で翌日にベビーオイルとつけた場所の肌が赤くなって、ブツブツができるなど、ベビーオイルでかぶれてしまうこともあります。

他にも、肌がボコボコになってしまった方やかゆみを伴う湿疹ができ、真っ赤になってしまうほどベビーオイルにかぶれてしまった方もいらっしゃいます。

スポンサードリンク

 

 

最初はベビーオイルがかぶれの原因だと気がつかない方も多く、 赤いブツブツができ、かゆい・・・というかぶれた状態が続き、ベビーオイルが原因だと気がつかずにかぶれが悪化することもあるので、 かぶれに気がついたら、ベビーオイルの使用をやめて、早めに皮膚科に相談したほうがいいですね。

また、ベビーオイルを赤ちゃんの保湿やかぶれケア・ベビーマッサージとして使って、赤ちゃんがかぶれてしまったという話も聞きます。

 

 

元々ベビーオイルの原料はミネラルオイル(鉱物油)で、アンモニアでおむつかぶれしないように保護膜を作る目的で作られたもので、分子が大きくなっています。

ベビーオイルの分子が大きいので、毛穴が完全にふさがれてしまって、 肌の新陳代謝が悪くなり、かぶれてしまうということが赤ちゃんによっては起こります。

 

 

ベビーオイルでのかぶれを防ぐには、ベビーオイルが作られた本来の目的で正しい使い方する必要があるということです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る