記事の詳細

スポンサードリンク

耳たぶに行うピアスの穴あけは、気軽な印象があり、
市販の穴あけ専用の機器を用いたり、中には安全ピンなどで自分で行う人も多いです。
ですが、たかがピアスの穴あけと自分で開けると大変なことになり
皮膚科に駆け込まれる方も少なくありません。
なにしろ肌に傷をつけるということには違いありませんから。

 

消毒が十分でない場合には、傷口が膿んで、おしゃれどころではなくなってしまいますし、
化膿の状態がひどくなれば、痕が残ってしまうことだってあります。
特に、友人と機器を使い回してのピアスの穴あけを行う行為は、感染症の恐れとなります。

 

また、ピアスの穴あけ時に使用したものが原因で、
アレルギーを発症してしまうこともあるので、要注意です。

 

これらのリスクを考えると、やはりピアスの穴開けは、自分で行うのではなく、きちんと医療機関で行いましょう。
ピアスの穴開けを受けられる医療機関として挙げられるのは、
皮膚科や耳鼻科、形成外科、美容外科などです。

スポンサードリンク

皮膚科や耳鼻科の場合、取扱いがあるかどうかは病院によるので、事前に問い合わせてみましょう。
ピアスの穴あけを行う医療機関選びでは、衛生管理を徹底しており、実績の豊富なところを選ぶようにしましょう。
病院であけても、穴が斜めになってしまうなどの失敗は、無いとは言い切れません。
そういった失敗を防ぐためには、経験豊富な医師のいる病院のほうが、リスクを軽減できますね。
病院でピアスの穴あけを行えば、施術の際の消毒やファーストピアスだけでなく、
塗り薬もきちんと処方され安心です。

自宅でのケアのアドバイスも受けることができるので、
後々のトラブルを防ぐためにも、医療機関でピアスの穴あけを行いましょう。

 

自分で穴をあけて、ひどいトラブルに発展し、
後々医療機関を受診し長引く治療を受けられる方が多いのも現実です。

ピアスの穴あけを単なるオシャレだからと軽視しないで、
皮膚のトラブルや感染症のリスク等を理解し、医療機関できちんと処置を受けましょう。

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る