記事の詳細

スポンサードリンク

アロマオイルでできるしもやけの予防法です。

しもやけになる前に、しもやけ予防と一緒に香りを楽しめるエッセンシャルオイルでエステ感覚でしもやけ予防ができます。

 

まず、お風呂または足湯に1~3滴エッセンシャルオイルを入れて、チカラを入れずにしもやけになりそうな場所(手足など)をマッサージするだけで、アロマオイルでしもやけ予防ができます。

お風呂や足湯に入れてではなく、直接アロマオイルでマッサージをしたい場合は、マッサージオイルに好みのアロマオイルを1,2滴入れて、手のひらで温めながら混ぜ合わせて、マッサージをします。

 

マッサージオイルに、ビタミンEは豊富なひまわり油を使ってもいいですね。

他にもビタミンEをふくんでいるキャリアオイルを使ってしっかりとすり込むように揉みほぐしましょう。

スポンサードリンク

しもやけ予防に役立つアロマオイル(エッセンシャルオイル)と期待できる効果は次の通りです
・サイプレス・・・血液循環を促し腫れを抑える
・ジュニパー・・・血液を浄化して炎症を鎮める
・マージョラム・・・血液循環を促して、しもやけなどによる痛みを和らげる
・ローズマリー・・・血行をよくして、身体を温める
・ローマンカモミール・・・かゆみや痛みをやわらげる アロマオイルではなく、庭に生えているハーブを切ってお風呂や足湯にいれて、使っても大丈夫です。
 その場合、切ったハーブをネットに入れて使うと後片付けなどが便利ですね。 また、花粉症をもってる人は、ハーブのサイプレスはおススメできません。

できれば、他のハーブ・あろまでしもやけ予防をしたほうが良いです。

 

アロママッサージでしもやけ予防をする際は、単品では、ローズマリーやカモミールがおススメです。

 

ブレンドは、キャリアオイル30mlに対して、精油6滴目安。

ブレンド例1、

ジュニパー(1滴)・ローズマリー(2滴)・ラベンダー(3滴) ブレンド例2、サイプレス(2滴)・マージョラム(2滴)・ローマンカモミール(1滴) しもやけ予防と保湿クリームは 蜜蝋5g・ホホバオイルや椿油など25cc・ベンゾイン・ラベンダー・カモミール配合がおススメです。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る