記事の詳細

スポンサードリンク

よもぎは、モチクサとも呼ばれ、モグサの原料で、全国どこにの野原や河川の土手などに自生している植物でキク科ヨモギ属の多年草です。

 

よもぎは一般的に薬としてや料理などに使われています。

シオネール、α-ツヨン、エステルなどを含み、防腐、殺菌、血行促進、毛細血管透過性の抑制作用があり、化粧品、シャンプーなどに成分が使われることがあり、 ヨモギの全草、または葉を乾燥したものは、保湿、収れん、静菌作用があり、腰痛、あせも、痔などに効果があるため浴用剤に使われています。

 

かゆみを軽減し、炎症反応を抑制する作用のあることも分かり、あせも・アトピー性皮膚炎のケアのためによもぎローションなどを肌に塗って保湿ケアをしている人もいます。

アレルギーを抑制する効果もあると言われているので、アトピー性皮膚炎ももっている人やかぶれで悩んでる方、特に赤ちゃんのかぶれで悩んでいるお母さん方にヨモギローションなど支持されています。

 

美肌効果もあるとされているので、ヨモギ成分の入った石鹸・基礎化粧品などもナチュラル思考の人や肌トラブルに悩んでる人に人気です。

スポンサードリンク

ヨモギ蒸しも最近は美容や健康のために注目されています。

しかし、よもぎやヨモギ成分の入った製品を使用してよもぎにかぶれてしまった人も少なくありません。

ヨモギ成分が入ってる石鹸・化粧品などを使用してかゆみ・赤くブツブツができてかぶれてしまったり、使用した箇所が赤く腫れてかぶれてしまったりすることもあります。

ヨモギ蒸しを使用して、かゆみを伴って、リンパの流れの場所に赤みや腫れを伴うかぶれが出ることもあります。

ヨモギにはアレルギーを抑制する効果があるということや、他の薬効効果などが知られているため、ヨモギでかぶれたとは思わずに、「よく分からないけどかぶれている。」「かぶれの原因が分からない」と悩むことが見うけられます。

 

 

実はヨモギは先にも述べたようにキク科の植物で、ヨモギによるかぶれは接触性のかぶれ・アレルギー性のかぶれの両方が考えられます。

 

 

特にブタクサでの花粉症がある人は同じ科目なので、注意が必要です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る