記事の詳細

スポンサードリンク

青春の象徴なんていわれるにきびですが、
思春期の肌のにきびは、大きな悩みの種になっておられる方も多いです。

 

にきびには思春期に多くできるものと、
大人になってからできる大人にきびと呼ばれるものがあります。
どちらも、顔を中心に発疹ができる症状で、
中には背中や胸などに発症してしまう場合もあります。

 

【PR】

大人にきび:美肌セット半額キャンペーン【リピート付き】

 

にきびにも様々なタイプがあり、
白ニキビと呼ばれる初期段階のにきびは、
発疹が薄い皮で覆われたような状態で白っぽく見えるのが特徴です。

 

これが少し進行すると、黒ニキビといわれる症状に発展し、
皮脂が盛り上がり、発疹に穴が開いたような状態になります。
すると、そこに空気が触れることで、にきびが酸化して黒ずみます。

 

さらに黒ニキビが悪化すると、毛穴に詰まっている皮脂に菌が繁殖して、
炎症を引き起こした赤ニキビという状態になります。
患部が赤く腫れあがり、これを放置すると
にきび痕として残ってしまう可能性があるので、しっかり治療することが重要です。

スポンサードリンク

 

にきびが起こる主な原因は、毛穴が皮脂などで詰まってしまうことです。
毛穴に皮脂が詰まると、その皮脂を栄養源として、
にきびの原因菌であるアクネ菌が増殖してしまい、炎症を引き起こすのです。

 

思春期にきびの場合には、過剰な皮脂分泌が原因となることが多く、
また、大人ニキビの場合には、肌のターンオーバーの乱れや
ホルモンの影響が大きな原因であるといわれています。

 

 

にきびを予防するためには、肌を清潔に保ち、適度に皮脂を取り除いて
毛穴を詰まらせないようにすること、
また、水分をしっかり与えて肌状態を良くし、
ターンオーバーの乱れを整えることが重要です。

 

食生活の乱れなどもにきびに影響を及ぼすので、
栄養バランスのとれた食事を規則正しく摂取するように心がけましょう。
糖分・油分の過剰な摂取は厳禁です。

 

 

また、ストレスも原因になる場合があるので、
上手にストレス発散することも大切ですね。

 

市販の薬やにきびケア用のコスメも多数販売されていますが、
なかなか症状が改善されない場合は、皮膚科を受診して、きちんと治療を受けましょう。
にきびは皮膚の病気です。

 

皮膚科を受診することに「大げさ」と感じてしまう方もいるかもしれませんが、
正しい処置にまさるものはありません。

放置してニキビ跡で後悔してしまわないよう
皮膚科で専門医に治療を受けましょう。

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る