記事の詳細

スポンサードリンク

しもやけの足先のかゆみは、靴やパンプス・ブーツをはいた状態で掻くことができず、本当にイライラしますね。

仕事や勉強などしなければいけないことにも集中できないぐらいだと思います。

 

 

それに、鼻や耳、手などにしもやけができると、かゆみだけではなく、見た目にも気になりますね、早くしもやけの治療を始めて、一日も早く症状を改善したいものです。

 

しもやけの治療は家庭で応急処置的な治療はできますが、できるなら、専門医にかかってしもやけを治療することが適切です。

家庭でも出来るしもやけの治療法は、しもやけの症状が軽い場合や応急的な治療になります。

 

 

まずは、しもやけの治療のポイントは、まず、抹消の血行不良を改善することです、 毛細血管を拡張する働きのビタミンEを飲むほかに、ビタミンEやヘパリン類似物質が配合されたクリームを直接塗って、血行の改善をしましょう。

 

他にも、手足にしもやけの症状がでたら、体温より少し高めのぬるま湯に浸しあたためます。

お湯の温度は、高すぎるとかゆみが増すので、37度前後(体温より少し高いぐらい)の温度が適温です。

スポンサードリンク

ある程度温まったら、タオルで水気をふき取って、やさしく円を描くようにマッサージをします。

 

 

この時に血行促進の働きをするビタミンEやヘパリン配合のクリームを塗りながらすると良いでしょう。

この方法とよく似た方法で、少し高めの温度のお湯と水に交互にしもやけの患部をつけて血行促進をはかるというしもやけの治療法もありますが、人によっては、余計にかゆみを増すだけになることもあります。

 

 

また、しもやけで腫れた部分を針で刺して血を出すというしもやけの治療法もよく耳にしますが、 確かに、血行が悪くなって固まった状態になった血を針で刺して血を出し、血の逃げ道をつくり、しもやけの症状を改善するとのことですが、 血を出して一時的に症状が改善したように見えますが、根本的なしもやけの治療になっていません。

 

 

そして、不衛生な状態で針を刺し、そこから細菌が入り、炎症をおこしてしまい、更にしもやけを悪化させる事も多いです。

しもやけの治療は、専門医を受診してしっかりと治療をすることが大事です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る