記事の詳細

スポンサードリンク

寒い季節になると出てくる肌トラブルのひとつに『しもやけ』があります。

 

しもやけは別名凍瘡(とうそう)とも言われ、手・足や耳たぶ・鼻、頬に赤い湿疹や腫れたりし、かゆみを伴っています。

しもやけは、どんな原因で起こるかというと、 1日の気温の差と皮膚表面の温度がしもやけが起こる原因と言われています。

昼夜の気温差が他の季節と比べて激しい冬に起こることが多いです。

 

他にも手足や耳など抹消部分の湿度の高さも影響しています。

 

例えば、水仕事をして、濡れたままにしておくと、手が乾くのと一緒に皮膚の表面温度が下がってしまい、しもやけの原因になります。

また、デザインを重視した窮屈なヒールやブーツなどを長時間はいていると足の指先が圧迫されて血行が悪くなっていたりり、ジョギングなどのスポーツでも汗をかいたままの湿った状態の服だと肌が冷えてしもやけを起こすことがあります。

 

ようするに、血管は寒くなると動脈・静脈ともに収縮します。

スポンサードリンク

動脈はあたためられるとすぐに元の状態に戻りますが、静脈は性質的になかなか戻りにくく、この動脈・静脈の元に戻る時間差で血液の循環が滞り、体の抹消部分の手や足、耳などに栄養が届かなくなって、うっ血や炎症などのしもやけの症状がおこります。

 

しもやけの原因は『低温による血行障害』です。

他にもしもやけは子供や女性に多くおこっています。

 

このことから、冷え性や冷えやすい体質の人が多く、体質や遺伝も少なからずしもやけの原因となっていると考えます。

 

しもやけの原因は寒さが原因で起こる肌トラブルなので、寒い地域だけでおこるのではないかと思われるかもしれませんが、実は寒さが厳しい地域だからといって、しもやけが起こるとは言い切れません。

北海道や東北、新潟など寒さの厳しい地域のほかにも、九州でもしもやけを起こす人が多くみられています。

このことから、しもやけの原因は極寒地域が原因ではないといえます。

しもやけは、乾燥からくるほかの肌トラブル(「ひび」「あかぎれ」)と勘違いをすることもあるので、注意が必要です。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る