記事の詳細

スポンサードリンク

今の子供は昔に比べてしもやけになる子供が減ってきていますが、それでもやはりしもやけになる子供は少なくありません。

そして、子供がしもやけになりやすい部分は『足の指』です。 大人に比べて、子供は免疫局や自己調整機能が成長過程なので多少劣っています。このことから、大人に比べて子供のほうがしもやけになりやすくなく、多いです。

 

この理由のほかにも、大人に比べて子供の方が外で過ごす時間が多いのも大人よりも子供のしもやけが多い理由です。

しもやけは寒冷の差が激しい時期に身体の末端部分を冷やすことで身体の血流が悪くなり、末端部分がしもやけになります。

なので、しっかりとすた防寒対策はしもやけの予防も第一歩になります。子供の足の指がしもやけになりやすい理由は、いくつかあげることができます。

 

まず、足は常に全体重を支えいて、靴下や靴をはくと更に圧迫されて血行が悪くなります。

スポンサードリンク

また、地面と近いので寒冷差・・・寒さが足に伝わりやすいのも原因のひとつになっています。 他には、子供の足の指がしもやけになりやすい原因としては、『靴』です。 季節に合わせて洋服は衣替えをしていますが、靴はあまり衣替えをしませんね。

 

夏の靴と真冬の靴が同じということも珍しくないと思います。

 

 

しかし、夏と同じ靴を真冬でも履くと、足が冷えやすいのでしもやけになってしまう原因になります。

冬の間は、厚手の靴下をはいても締め付けない冬用の靴を履くのも良いかもしれません。

 

また、子供が夢中で遊んでいると、汗をかいてもそのままにしている場合が多いですね。

汗でしめった衣服をそのままにしておくと、身体を冷やして、血行が悪くなり、しもやけの原因にもなります、また、汗をかいたことを忘れてしまう場所があります、それは足の裏です。

 

汗をかいてもそのままにしておくと、やはり身体を冷やしてしもやけの原因になります。

汗をかいたらこまめにふき取ったり、衣服を変えることが子供のしもやけの予防になります。

 

 

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る