記事の詳細

スポンサードリンク

皮膚によくできる症状といえば、おできと吹き出物ですね。
おできというのは、「せつ」とも呼ばれ、
皮膚の中に膿がたまったような状態で、皮膚が円錐状に飛び出したように見えます。

おできは熱を持ち、赤みのある症状が特徴です。

大きくなってくると、膿疱といわれるものが円錐の頂点に発生し、
これが潰れると中から膿が出て、膿が無くなれば赤みや痛みも治まっていきます。
多くの場合は同時に複数できてしまう症状で、
これは皮膚の傷などが原因で黄色ブドウ球菌が感染することで起こる炎症です。
太ももやお尻などにできやすい症状ですが、顔にできる場合もあり、これは面疔と呼ばれます。

 

他に、おできとよく似た症状に、吹き出物があります。
吹き出物は、主に顔に多く見られ、背中やお尻といった部分にもできることのある症状です。
皮脂が過剰に分泌され、原因菌であるアクネ菌が増殖することにより起こる症状で、
赤みを帯びたり、ひどくなると膿のようなものが出てくる場合もあります。

スポンサードリンク

 

おできと吹き出物は、見た目にはとてもよく似た症状ですが、原因は全く違っています。
おできと吹き出物は、原因となる菌が違うのです。
なので、おできと吹き出物、それぞれの症状に合った対策と治療法を実践することが重要です。

 

特に、吹き出物だと思っていた物がおできであった場合には、
深い部分に至ってしまっている場合がありますので、
放置すると痕が残ってしまう可能性も高くなります。
適切な治療を行うことで、痕が残るのを防ぎましょう。

 

また、どちらも洗顔などを正しく行い、皮膚を清潔に保つことが、予防のために大切です。
どちらも毛穴の汚れや菌が関係する病気であるという点では、共通する部分があるので、
毛穴の汚れを防ぐことでこれらの病気の原因を取り除きましょう。

 

おできと吹き出物は、素人では見分けが付きにくく、間違った対策をしてしまう場合もあるので、
疑わしい症状を発症した場合には、速やかに皮膚科を受診することをオススメします。

スポンサードリンク

関連記事

ページ上部へ戻る