記事の詳細

スポンサードリンク

あせもとは、特に小さな子供に多くみられる皮膚の病気の1つです。
子供は小さい体に汗腺が集中しているため、
あせもを発症しやすいのです。

大人のあせもの場合は、スキンケアには注意が必要です。
小さな赤いブツブツが無数にでき、ひどい痒みを伴うため、
掻き壊して化膿し、症状を悪化させてしまうことがあります。

 

水膨れ、炎症などの症状が主なもので、「汗疹」とも呼ばれます。
あせもは、頭や首、背中、ヒジの内側やヒザの裏側など、汗が溜まりやすい部分に起こりやすい症状です。

 

 

また、乳幼児の場合にはオムツで蒸れて、お尻などに発症する場合もあります。
これらのあせもの原因となっているのは、かいた汗が皮膚に溜まり、
皮膚の下にある汗管周囲の組織に漏れ出してしまうことです。

 

汗管がつまってしまうことで起こる症状ですので、
夏場の暑い季節以外でも、激しいスポーツをしたり風邪で熱が出るなど、
汗をかいた時には発症する恐れがあります。

 

 

また、湿気のこもりやすい服を身に着けていた場合などにも、
あせもの症状を発症しやすくなります。

スポンサードリンク

 

あせもにならないためには、通気性の良い服装を心がけ、
汗をかいたらすぐに拭きとる、着替えるなどのケアを行います。

 

あせもを発症しても、軽症であれば、清潔を保ちきちんとスキンケアすることで
自然治癒する場合がほとんどです。

 

 

ですが、あまりにも炎症がひどく、掻き壊したりして
症状が悪化している場合には、皮膚科での治療が有効です。

 

抗炎症作用のあるステロイド薬を塗り、
炎症を抑えることで、掻き壊すことが無くなり、肌状態が改善されていきます。

 

たかがあせもと、軽視してしまいがちですが、
激しい痒みを伴うので、精神的にもストレスになる場合が多く、
できるだけ早く対処してあげたいですね。

 

 

また、あせもで皮膚状態が悪化したまま放置すると、
そこから別の菌が感染して、違う皮膚病を発症してしまいかねません。

 

特に夏場などは、とびひなどの皮膚病も流行しやすいので、
あせもで肌状態が悪化していると感染する確率が高くなります。

 

あせもは、きちんと対策を行い、症状の軽いうちに治療してしまいましょう。

 

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る